オレ様が観た300以上の新旧様々なジャンルのアニメを浅い知識で批評するで。

2017 02/26

真実を求め、少女は戦場へと赴く! - 奏光のストレイン -

今日は” 奏光のストレイン ”の視聴感想を紹介する(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
相変わらず浅い知識で的外れな感想だけど嫌な顔してでも観てくれ〜♨



■ 奏光のストレイン とは…

放送期間 2006年11月1日 - 2007年2月14日
話数 全13話

『奏光のストレイン』(そうこうのストレイン)は、スタジオ・ファンタジア制作の日本のSFロボットアニメーション作品。
2006年11月1日深夜24:00(翌日0:00〈JST〉)から2007年2月14日までWOWOWノンスクランブルにて放送(初回のみ2話連続放送)。全13話。

漫画版は漫画雑誌『ドラゴンエイジ』にて連載終了。
登場人物名はフランシス・ホジソン・バーネットの小説である、『小公女』、『小公子』、『秘密の花園』から取られており、コンセプトは『小公女』に近い。2014年にパチンコ化が決定。

はるかな未来。
人類は宇宙を舞台にユニオン(連合)とディーグ(帝国)の2つの陣営に分かれて、始まりすら定かではない永い戦争を続けていた。
ユニオンは戦争はあくまで人の手によって行われるものである事を尊んだが、ディーグは戦争をただの外交手段としか見なしておらず、合理的かつ効率的に人の手を掛けず行う事を重視していた。

そんな時代に繰り広げられる一組の兄妹の物語。
兄ラルフは理由なきままユニオンを裏切りディーグに付き、全てを失った妹セーラは裏切りの理由を知るため、自身の素性を偽り兄との再会を胸に戦い続ける。
そんな時セーラが出会った一体の人形“エミリィ”。
法に触れる改造を施された真紅のワンオフモデル・ストレイン“ラムダス”。
それが彼女の運命の歯車を再び動かし始めることとなる。
*Wikipedia - 奏光のストレイン - 引用

13話と短いながらシンプルな設定とストーリーでよく纏まっていて良い作品。
絵を見た感じとは裏腹に序盤から残酷なストーリー展開やけど、そこが徐々に作品を面白くしてる要素でもある。

WOWOW放送で知名度は低いけど、良く纏まった良作で13話やから一気に観るのにオススメの作品やで。

まぁ、気になる人はチェックしてみてくれ。
それではまた( ̄^ ̄)ゞ

>> Wikipedia - 奏光のストレイン -
>> 奏光のストレイン BS11特設サイト
>> 奏光のストレイン 公式サイト
>> 奏光のストレイン CD/DVD/Blu-ray/関連商品
- Please cooperate with blog ranking! -
アニメ

► AFTER「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。 - ほしのこえ The voice of a distant star -

► BEFORE「人類vs異種”ハーディアン” その戦いの行方は…? - KISSDUM -ENGAGE planet-(キスダム エンゲージプラネット) -

この記事と関連する記事

真実を求め、少女は戦場へと赴く! - 奏光のストレイン -

Top